ハニカムハウジングとは?

ハニカムハウジング

ハニカムハウジングは避難所などで簡単迅速に組み立てられ、プライバシーを守り、エコノミークラス症候群の対策にもなる段ボール製のカプセルベッドルームです。

避難所での悩み

災害避難所での長期生活はかなりのストレスを強いられます。

40代男性 「夜、隣の方から聞こえてくるイビキがうるさくて寝られない・・・」
30代女性 「0歳の子供いるのですが、授乳スペースがほしい・・・」
20代女性「間仕切りはしているけど、上から覗かれるんじゃないか気になって着替えにくい・・・」
60代 女性「体育館の床が冷たくて、夜は寒くてよく眠れない。」

被災地の避難所生活では、十分な電気・ガスもない中、大勢の人々が雑魚寝で、プライバシーのない状況で長時間過ごすことが少なくありません。
長期化する程ストレスになり、対人トラブルのもとになります。また、同じ姿勢で長時間いるとエコノミークラス症候群になるリスクもあります。

このため

「暖をとる(電気・ガスなしで、どう暖かく過ごすか)」、
「プライバシーを守る(着替え、授乳時)」、
「十分な睡眠と健康の確保(隣人のいびき 話し声の対策、エコノミークラス症候群の対策)」

の3つの課題をいかに克服するかが重要になってきます。

ハニカムハウジングが一気に問題を解決いたします!

このページの先頭へ