4/23開催「小阪ママラボ」さんの防災のイベント「ママと防災&3Dパズルを組み立てよう!」に協賛として参加

4/23に開催された「小阪ママラボ(http://kosakamamalabo.jp/)」さんの防災のイベント「ママと防災&3Dパズルを組み立てよう!」に協賛として今回も参加いたしました!

※小阪ママラボさんとのコラボ企画は今回で3回目です!



今回も前回同様、2部制で最初は東大阪市の西消防署さんからの防災についてお話がありました。

今回は実際に災害がおこったらどうなるのかをお話していただけました。
現場で働く隊員さんの話は、やはり説得力がありますね。

とくに「自助、共助、公助」のお話は勉強になりました。

阪神大震災の際は、消防署の隊員ができたこと(=公助)は全体の1割で、自力で何とかする(=自助)が4割、ご近所、知り合い、友達などのお互いの助け合いで助けあうことが(=共助)が5割だったそうです。

(東大阪市でいえば、人口50万人に対して隊員500人。できることは非常に限られているのは当然ですよね。)

いかに自分で判断し、ご近所の方と協力していくかが大事なのかが想像できました。

とくに小さいお子さんがいる場合は「まず、靴をはかせること」を強調していました。災害時は異常事態なので、ガラスやいろんなものが落ちており、何か踏んで怪我をするリスクが高まります。

「もし怪我をしても混乱しているので、すぐ助けに来ることなどできません。だからママ、パパがまず子供の安全を最優先に守ってあげてください。靴をまずはかせてください」と何度もいっていたのが印象的でした。



子供に大人気!西消防署さんが用意したヘルメットや防護服を着ての写真撮影会。



この背景は私共レザックと関連会社のITMが作成しております!



その後、ハニカムハウジングの説明と私共が用意しました段ボール製の3Dパズルの色塗り、組み立てイベントを行いました。

以上です!今回もご参加ありがとうございました!!

このページの先頭へ